webページの「お気に入り」、いくつありますか?

 なんだかんだで増えすぎてしまう「お気に入りサイト」やブックマーク、管理しきれない後で読みたい記事の山、山、山。そんな状況に頭を悩ませている人はかなり多いのではないでしょうか?

 実際に最近ではGoogleChromeやFirefox等のモダンブラウザであれば、ブックマークバーという便利なものがあって、自分のお気に入りのサイトはそこに登録しておけますが、実際の所このブックマークバー、登録し過ぎてしまうとブラウザがやたらと重くなる要因にもなってしまうのです。かと言って、毎回検索するのは不便ですし、後でやっぱり読みたくなる記事だってあるはずです。

 そんなことから、今ではどのパソコンからでもアクセスできるように「ソーシャルブックマーク」サービスが普及し、次第に、それは「ソーシャル・ネットワーキング・サービス」や「キュレーションサイト」「クラウドブックマークサービス」などとしてどんどんと進化を続けていっています。このサイトでは、このサイトではお気に入りを便利に活用できるソーシャルブックマークサービスや、パソコンを百倍便利に使いこなすための無料ツールについてご紹介致します!

ソーシャルブックマークとは?

 ソーシャルブックマーク(Social Bookmark、SBM)とは、インターネット上で利用できるブックマークサービスの一つで、オンラインブックマークサービスの発展形だとされています。自分のブックマークをネット上に公開して、不特定多数の人間と共有する事によって、これらのものをとても有意義な情報源にすることができるというものです。

 これは同一のアドレスを登録している他人のブックマークを閲覧することもでき、またタグと呼称される登録者が付ける分類用の語句によって同一タグで分類している他人のブックマークを見たりすることで同じ指向のコンテンツが見付けやすくなるなどの特徴があります。

 ソーシャルブックマーキングは、集積や協働によってフォークソノミーを形成されるタグに象徴されるようなメタデータの力によって、インターネット上のコンテンツを蓄積・分類・検索・管理していく仕組みですが、このフォークソノミーは「ソーシャルタギング」とも呼ばれていて、「コンテンツを共有するためにさまざまな利用者が地道にタグをつけていくという行為やプロセス」を指す言葉となっています。つまり、SBMサービスはインターネット上の全てのウェブページをターゲットにしてソーシャルタギングを行っていくサービスということになるのです。これらはクリップ(clip)と呼ばれることもあります。

 またSBMでは、利用者は覚えておきたい・共有したいウェブページへのリンクを保存することだけでなく、一定のタグと関連付けされたブックマークを一覧表示したり、同じページをブックマークした利用者の人数を表示したりといったような機能も利用する事ができます。また、あるサービスではタグの関係性によって推論を行いタグやブックマークのクラスタを生成するものもあります。またほとんどのSBMではタグによって分類されたリストを含むブックマークのリストをフィードとして提供しており、購読者はその他の利用者によって新たに保存・共有・タグ付けされたブックマークを利用することが出来るというわけです。このSBMの成熟と一般化に伴って、ブックマークの格付けやコメント、ブラウザからのブックマークのインポート・エクスポート、ブックマークの電子メール送信、Webアノテーション、サムネイル製作、グループやその他のソーシャルネットワークといったような機能も追加されるようになってきています。

ソーシャルブックマークの利点とは?

 通常、高品質なサーチエンジンを作る為には自動化されたアルゴリズムを用いて、より有用な資源を導き出すという手段を取るしかありません。勿論これはGoogleなどといった優秀なサーチエンジンのようにある程度高い性能を持ったものも出てきてはいますが、以前、必要とする情報に必ずしもたどり着けるとは限りません。そこで、SBMシステムではこれらのWebクローラによって自動化することなく、Webサイトのようなインターネット資源を人力によってタグ付けしていき、そのリソースをアルゴリズムによって把握しようとしたソフトウェアとは対照的に、リソースの詳細を理解する人間によって行うようになっています。これによりWebクローラがまだ発見・インデックス化していないページに、人々は出会うことが出来、またSBMシステムでは利用者によって何回ブックマークされたかに基づいてリソースに重み付けができるため、より人の需要に則したデータに辿り着ける仕組みだということになるのです。勿論これは、一世代前までは、サーチエンジンの一つのあり方としても存在しておりました。

これまでのSBM一覧

 そう言った利点などもあって、これまでは上記のようなサービスがありました。しかし、現在では「はてなブックマーク」や「Yahooブックマーク」を除く殆どのブックマークサービスが終了していて、どんどんとその役目はSNSへと移行しているきらいがあります。また、アルゴリズムによる分類の精度が爆発的に成長してきている為、今更人の手によって分類することの意義が、ソーシャルブックマークにあるのだろうかという問題にもなってきています。そんなことからか、これまで人の手によって分類してきた流れは、徐々にキュレーションサービスへと移行していっています。

しかしはてなは未だに強い

 しかし、そんな中でも、はてなブックマークに関しては未だに強いソーシャルブックマークサイトとして機能しています。はてなブックマークは ブックマーク(URL)を保存・管理・共有できる、フリーのオンラインブックマークサービスで、いままでは手元のブラウザに保存していたブックマークを、インターネット上に保存して管理することができます。自宅で、職場で、学校でお気に入りのサイトをすぐにチェックは勿論、強力な検索機能でたくさんのブックマークから目当てのURLを開くことができます。

 このはてなが強い理由の一つに、はてなブログという物と人力検索はてなというものがあるかと思います。この後者に関しては、いわゆる「教えて系」「知恵袋系」と呼ばれる人が、人に対してある種の問題に関して答えを教えるサービスになっていて、ソーシャルブックマークのような人力系のサービスとの親和性が高い物が多数あったことから、結果としてはてなブックマークが生き残っているのではないかと思われます。

 これはあくまでも仮説には過ぎないのですが、しかし、はてなと同様に「教えて系」「知恵袋系」と呼ばれる人が、人に対して教えるサービスを行っていたYahooブックマークなども生き残っている事を考えると(yahoo知恵袋のこと)ある程度は信憑性がある説なのではないかと思われます。

ソーシャルブックマークはクラウドに

 そんな中で共有しないタイプのオンラインブックマークに関してはある程度復興の兆しを見せています。特にPocketというブックマークサービスに関してはクラウドストレージ上にブックマークを保持できる仕組みがあることから、自分がブックマークした物を携帯で読んだり、タブレット端末で読んだりすることが出来るようになっています。また、読みやすいようにデザインを整形するような仕組みもあったりします。

 さらに共有するタイプのサービスですと通常のSNSや、またpinterestなどがそれにあたるサービスになっています。特にpinterestはそのデザイン性と使いやすさから、リブログ系サービスとしても非常に人気があります。

 また、ソーシャルサービスではなく、Evernote Web クリッパーというWebクリッピング自体を一つの機能にしたソフトウェアなども登場しています。これは様々な便利な機能を持つEvernoteというソフトウェアの一機能ですが、ページを丸ごと保存するのではなく、保存したいセンテンスだけクリップする事もできることから、非常に好評を得ている機能となっております。

ソフトウェアのサービスも今は強い

 先程紹介したEvernoteのように、ソーシャルブックマークといった便利機能だけではないものまでが搭載された便利なソフトウェアが多数公開されている近年ですが、特に、最近ではフリーでありながらも異常な程の高機能が付いているものが沢山登場してきています。このサイトではソーシャルブックマークサービスに加えて、そんな便利な無料ソフトについても詳しく紹介していきたいと思います。

webページの「お気に入り」、いくつありますか?

え、知らないの? 便利過ぎるソフトとサービス

おすすめブックマークサイト